ビットコインは仮想通貨という名前で呼ばれることからもわかるように、実際にこの世に形を取って使うことができるお金ではありません。
取引所において取引され、その取引価格はあらかじめ決まっている全体量に対しての需要の変動により、上がったり下がったりするのが大きな特徴です。
多くの人が求めれば価値は上がり、逆にいらないと考える人が増えれば価値は下がります。
強いて言うなら、金の取引と似ていると考えられるでしょう。
人々が各国の通貨ではなく、安全資産としての価値が高い金に価値を見出し、金を購入するようになると、金の値打ちはどんどん上がっていきます。
買った金額よりもかなり高くなったところで売れば、その差額が利益になります。
ビットコインは、世界中のインターネット上の買い物サイトやサービスの提供サイトで決済方法として採りいられるようになってきていますが、価値が変動する通貨を決済に使えるというのは非常に画期的です。
金に似ているという例を挙げましたが、金はその日の値打ちがどんどん変動しますので、決済には向いていないのは明らかです。
そんな金に似たビットコインを決済に取り入れるインターネットサイトも革新的であるため、今後どのように普及していくかにも大いに注目が集まるところです。https://www.coin-portal.net/bitcoin/column/